外資系企業に必要な英語力はどのくらい?英語が苦手でものりきるポイントも伝授!

外資転職回数

「外資系に転職をしたいけれど英語にあまり自信がない

上記のような方は多いようです。

そこで今回は、英語力があまり必要ない外資系企業の特徴についてご紹介します。

ただし、英語力があまり必要とされない外資系企業でもの場合でも、英語がしゃべれずに困る場面は必ずあります。

そんな場合の対処法についても説明するので、英語力に自信がない方は是非参考にしてみてください。

外資系企業で求められる英語力は企業によりけり

外資英語力

外資系企業でも、国内企業がクライアントの場合は英語力はそこまで求められないことがほとんど。

また、製造メーカーなど、クライアントが日系企業の場合は、全く業務で英語を使わないこともあるでしょう。

こういった企業の場合、そもそも面接で英語を使用することが一切ない場合もあります。

英語力に自信がないけれど外資系企業で働きたいという方は、以下のポイントをチェックして英語力が重視されていない企業を選ぶとよいと思います。

  • 日本人従業員が多い企業
  • クライアントのほとんどが日系企業
  • 外国本社の影響力が少ない企業

ただし、日本人が多い企業の場合、企業文化や給与体系も日系による事が多いです。

給与が純日系とあまり変わらない場合もある点には注意が必要です。

外資系で求められるのはコミュニケーションスキル

外資系企業での評価は、TOEICのスコアよりもコミュニケーションスキルが重視されます。

英語自体は、あくまで意思疎通の為のツールなので、【意思疎通能力>言語能力となるからです。

ただし、英語が苦手だからといって尻込みする必要はありません!

外人相手に意思疎通をさせるためには、ポイントを押さえておけばある程度は切り抜けることができます。


英語での会話で重視されるのは結論

結論の後に内容が続きます。


結論にいつまで経ってもたどり着かないと「結局何がいいたいの?」となり、話を最後まで聞いてもらえません。

そのため、質問をされたら、まずは答えをしっかりと伝えましょう

これを知らない日本人は多いです。理論や答えは合っていても、聞いてもらえなければ意味がありません!まずは結論を答えてくださいね。

ただし、TOEICのスコアが悪ければ書類選考で落とされることも

キーボード

英語をあまり必要としない外資の場合、面接する人自体も英語が出来なかったりするので、英語面接が出来ません。

その為、TOEICが英語力を判断する一つの材料になることもあります。

TOEICのスコアが悪い場合は、そもそも書類選考で落とされてしまうこともあるので要注意。

最近では、日系企業でもTOEICのスコアを昇進の条件にするところは増えてきています。

なので、外資系への転職を考えているのなら、最低でも700点以上は取っておくことをおすすめします。

英語ができない人が外資系でつらいと感じるポイント

ビジネスマン

英語力がそれほど重視されない外資系企業でも、海外オフィスを含めた社内のコミュニケーションは英語を使うことがほとんどです。

そのため、普段は英語を話す機会がなくても、以下の用なシーンで英語ができなくて苦労することがあります。

本社(海外)とのやりとり

日常業務は日本語のみでも、大きいディールや特別予算取りなど、例外的な事をする際は本国の承認が必要になることがあります。

本国とのやり取りは電話で行う事が多く、いちいちメールや資料などは読まずに進む場面も多々あります。

その場合、表情やボディランゲージに頼れないため、英語が苦手だと非常に苦労します。

海外から偉い人(上司など)が来た時との飲み会

しまろんパパが個人的に一番苦手なのがこれ。

仕事なら「ポイントだけ説明しておけばいいんだろ」という事も、飲み会だとそうもいきません。

しまろんパパは6年ほどアメリカに留学していましたが、いまだに外国人のジョークが完全には理解出来ず、笑うタイミングに苦労します。

全社ミーティングが英語

ただの発表であれば聞き流していても問題ないのですが、「何言ってるかさっぱり分かりません」レベルだと結構困ると思います。

自分の業務にかかわる大きな変更や、今後の方針などの発表時に聞き取れていないと、「お前はこの前何を聞いてたんだ」と言う事態になりかねません。

役職が上がると本国の人と話す機会が増える

昇進をすれば責任も増え、社内のお偉方と交渉する機会も増える事になります。

売れてない場合、「何がいけないのか」「売れる為にはどうしたらいいのか」「来年度の予算」などの説明はもちろん英語ですることになります。

自分の部下の給料やボーナスに関わることなので、英語力がないと非常に厳しいです。

外資でのキャリアアップに転職は不可欠!転職先で英語力が必要になるかも

ビジネスマン

仮に今、周りが日本人ばかりの「ほぼ日系外資系企業」にいるとして、最悪な場合は「給料は高くないのに人事制度だけしっかり外資」である場合です。

つまりクビになる機会だけはしっかりあ場合。

クビにならなくても、外資はキャリアアップとしての転職が当たり前の世界です。

今の会社でそんなに英語を話す機会がない場合でも、いつでも転職出来る様に準備はしておきましょう

意外なことにしがみつこうとする人はクビを切られて、「いつでも転職できる」と準備をしている人が生き残るものです。

英語力が原因で転職を迷っているならコーチングスクールがおすすめ

「英語ができれば転職の幅も広がるのに…」

「英語を習得したいけれど何から学べばいいのかわからない」

転職を考えて英語を今すぐ習得したいなら、短期集中で効果的に学べる英語のコーチングスクールをおすすめします。

科学的根拠に基づいたトレーニングでビジネスに必要な英語力を強化!プログリット

プログリット

PROGRIT(プログリット)はビジネスで本当に必要な英語力を3か月で飛躍的に伸ばすことができます。

おすすめする理由は以下の通りです。

プログリットのおすすめポイント
  • 科学的根拠に基づく効率的なカリキュラム
  • 個人のレベルや目標にあった英語学習の提供
  • 優秀な専属コンサルタントによるサポート
  • 隙間時間も上手に活用するスケジュール管理
  • コース終了後の1年間の学習サポート
  • オンラインでも受講可能

プログリットでは応用言語学や第二言語習得論といった科学的根拠をもとに、目標達成に最適なオーダーメイドカリキュラムを作成。

必要なスキルに合わせたトレーニングを行い、ビジネスシーンで起こりうるあらゆる問題に対応できる力を身に着けます

学習内容、使用教材、タイムマネジメント全てをコンサルティングしてくれるので、受講期間中は言われたことをこなすだけ。

プログリット

毎日のチャットサポートや週1回の面談で進捗状況や定着度の確認をし、現状の課題分析や解決法を提案してくれるので、短期間でも飛躍的に英語力をのばすことができます。

プログリットは受講生の94%がビジネスパーソンで、初心者から上級者まで幅広いレベルに対応しています。

毎日のスケジュールをヒアリングし時間の捻出方法もアドバイスしてくれるので、仕事が忙しい方でも高いモチベーションを維持して効率よく学習することができます。

正しい英語学習方法は一生モノの財産になります!コース修了後も長期的に英語力を伸ばすことができますよ。

プログリットの料金

期間料金(税込)
2ヶ月(8週間)360,800円
3ヶ月(12週間)514,800円
6ヶ月(24週間)983,400円

※入会金55,000円(税込)
※初心者コースは2.3か月のみ

ビジネス英会話コースの3か月と6か月プランは、厚生労働大臣指定講座「一般教育訓練給付制度対象コース」です。

プログリット一般教育訓練給付制度対象コース

一定の条件を満たしている方は受講料の20%(最大10万円) がハローワークから支給されるので、大変お得な料金でコーチングが受けられます。

プログリットの詳しい情報は、関連記事『【評判はどう?】PROGRIT(プログリット)の口コミや料金を調査してわかった利用すべき6つの理由』で紹介しています。

プログリットの基本情報

営業時間平日:12:30〜21:00
土日:9:30〜18:00
※GW・お盆・年末年始休みあり
校舎一覧有楽町校/新橋校/新宿南口校/新宿センタービル校/渋谷校/神田秋葉原校/
池袋校/六本木校横浜校/名古屋校/阪急梅田校/西梅田校
公式URLhttps://www.progrit.co.jp/
\体験レッスンを予約する/
タイトルとURLをコピーしました